巻き爪・爪に関する基礎知識

外反母趾(がいはんぼし)とは

外反母趾(がいはんぼし)とは

外反母趾とは、足の親指(母趾)が付け根で小指側にくの字に曲がっている状態のこと。
外反母趾の最も多い原因は合わない靴を履くことで、特にヒールの高い靴を履く女性が多い傾向にあります。
歩く時に足の指に力が加わるだけでなく、人差し指に横や上から圧迫され、爪が真っ直ぐ伸びることができず巻き爪を引き起こす原因にもなります。

この記事の監修・執筆:ながい接骨院 院長 永井正之

監修・執筆

ながい接骨院 院長 永井正之

柔道整復師/JSPO-AT/JATI-AATI/オリンピック強化スタッフ/ドイツBSスパンゲ認定技術指導員 身体の機能を重視した治療・リハビリ・トレーニングを得意としています。巻き爪に関しては、25年延べ6万人以上のキャリアを持ち、身体機能との関連に着目した治療を行っております。スポーツ外傷、腰痛、姿勢改善などお身体のことなら何でもご相談ください。

ご予約・お問合わせ(初診の方はお電話でご予約ください)ご予約・お問合わせ
(初診の方はお電話でご予約ください)
03-5725-8108

診療時間:午前 9:00 - 13:00 午後 15:30 - 19:30

診療時間:午前 9:00 - 13:00
午後 15:30 - 19:30

Webからのお問合わせはこちら