巻き爪・爪に関する基礎知識

巻き爪とは

巻き爪とは

巻き爪とは、爪が内側に巻き込んだ状態で足に多くみられます。 巻き爪は、食い込みが強くなると痛みだけでなく、出血や化膿を起こしてしまうこともあります。 歩き方や足の使い方が原因で起こるため、慢性的な腰痛や股関節、ヒザの痛みを抱えている方は、一度ご自身の爪をチェックしてみてください。
特に運動量が低下する高齢者は要注意です。
また片側だけ巻く、両側が巻き込む、全体的に丸くなるなど様々なタイプがあり、爪の形状でその方の歩き方や使い方が分かります。

この記事の監修・執筆:ながい接骨院 院長 永井正之

監修・執筆

ながい接骨院 院長 永井正之

柔道整復師/JSPO-AT/JATI-AATI/オリンピック強化スタッフ/ドイツBSスパンゲ認定技術指導員 身体の機能を重視した治療・リハビリ・トレーニングを得意としています。巻き爪に関しては、25年延べ6万人以上のキャリアを持ち、身体機能との関連に着目した治療を行っております。スポーツ外傷、腰痛、姿勢改善などお身体のことなら何でもご相談ください。

ご予約・お問合わせ(初診の方はお電話でご予約ください)ご予約・お問合わせ
(初診の方はお電話でご予約ください)
03-5725-8108

診療時間:午前 9:00 - 13:00 午後 15:30 - 19:30

診療時間:午前 9:00 - 13:00
午後 15:30 - 19:30

Webからのお問合わせはこちら